ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 復興への動き > 「大富希望の橋」橋の名称決まりました

「大富希望の橋」橋の名称決まりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月10日更新

大富希望の橋(おおとみきぼうのはし)

 大戸浜団地から国道6号までの道路、「町道大戸浜富倉線」の常磐線と交差する橋の名前が「大富希望の橋」に決まりました。
 橋の名前は、新地町に在住、在学、在勤している方からの募集により、3月1日に行われた町道大戸浜富倉線橋梁名称選定会議(座長 大内広行)で145作品の中から加藤直さん(中島)の作品が最優秀作品として採用されました。大戸浜と富倉両地区の頭文字をとった「大富」に、復興に向 かって進んでいくための希望のシンボルで「希望の橋」、これら組み合わせた作品が選ばれました。
 加藤さんは「震災により被災した大戸と富倉がつながり、震災で受けた大きな被害を乗り越え、未来へ向けて大きな富が生まれる、そんな希望に満ちた橋となってほしい」という思いで「大富希望の橋」と名付けました。
 震災前は常磐線とは踏切として交差していましたが、東日本大震災を教訓に立体的に交差させる橋にすることで、より安全で災害に強い道路になり、平成28年秋頃の完成予定です。

町道大戸浜富倉線橋梁名称会議で最優秀、優秀に選ばれた作品は以下の通りです。(敬称略、順不同)

最優秀作品

「大富希望の橋」加藤 直(中島)

優秀作品

大富絆橋
大富きずな橋
天野 恵美子(相馬市)
菅野 哲夫(今泉)
早見 礼子(新地町)
松谷 明子(杉目)
大富橋天野 恵美子(相馬市)
岩佐 帆華(岡)
岡田 慶子(岡)
加藤 忠良(大戸浜)
佐藤 ハマ子(富倉) 
佐藤 秀史(中里)
佐藤 洋子(今泉)
寺島 京子(大戸浜)
寺島 詩織(大戸浜)
寺島 帆乃香(大戸浜)
早見 礼子(新地町)
松田 一枝(小川)
森 仁市(富倉)