ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険の特定疾病

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

 厚生労働大臣が指定した次の病気にかかり、高額な治療を長期間受けなければならない場合、1か月の自己負担限度額が1万円に軽減されます。軽減を受けるためには、医療機関の窓口に『特定疾病療養受療証』を提示する必要がありますので、該当する方は事前に手続きをしてください。

該当する病気

  • 人工透析が必要な慢性腎不全
    ※人工透析を要する70歳未満の上位所得世帯(基礎控除後の総所得金額等が600万円を超える世帯)の人や、同一世帯内に所得の申告がない国保被保険者がいる場合には、自己負担限度額が2万円になります。
  • 血友病
  • 抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群

申請に必要なもの

  • 特定疾病認定申請書
    ※申請される前に医療機関で、特定疾病認定申請書の「医師の意見書」欄に証明をもらってください。
  • 保険証
  • 印鑑