ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険・国民年金

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

国民健康保険

勤務先の健康保険に加入している人や生活保護を受けている人以外は、国民健康保険に加入しなければなりません。
次のようなときは、必ず14日以内に届け出をしてください。

国民健康保険に入るとき

こんなとき必要なもの
他の市町村から転入してきたとき印鑑、他の市町村の転出証明書
勤務先の健康保険をやめたとき印鑑、資格喪失証明書(やめた職場から)、
同一世帯で国保の方がいる場合は国民健康保険証
勤務先の健康保険の被扶養者でなくなったとき印鑑、被扶養者でなくなったことのわかる証明書、
同一世帯で国保の方がいる場合は国民健康保険証
子どもが生まれたとき印鑑、母子手帳、国民健康保険証
生活保護を受けなくなったとき印鑑、生活保護廃止決定通知書

国民健康保険をぬけるとき

こんなとき必要なもの
他の市町村へ転出するとき印鑑、国民健康保険証
勤務先の健康保険に加入したとき印鑑、国民健康保険証、勤務先の健康保険証
勤務先の健康保険の被扶養者になったとき印鑑、国民健康保険証、勤務先の健康保険証
加入者が死亡したとき印鑑、国民健康保険証
生活保護を受けるようになったとき印鑑、国民健康保険証、生活保護開始決定通知書

その他

こんなとき必要なもの
退職者医療制度の対象になったとき印鑑、国民健康保険証、年金証書
退職者医療制度の対象にならなくなったとき印鑑、国民健康保険証
住居、世帯主、氏名などが変わったとき印鑑、国民健康保険証
保険証をなくしたとき印鑑、身分を証明する書類(運転免許証など)
就学のため、子どもが他の市町村に住むとき印鑑、国民健康保険証、在学証明書

国民年金

国民年金は老後や万一の時に、みなさんの生活を経済的に支える大切な制度です。日本に住む20歳から60歳までのすべての方が加入することになっています。結婚や就職、転職、退職など、人生の節目には届出が必要です。忘れずに届出を行ってください。

こんなとき必要なもの
20歳になったとき資格取得届、印鑑
職場をやめたとき年金手帳(基礎年金番号通知書)、印鑑、退職日が確認できるもの
配偶者の扶養からはずれたとき年金手帳(基礎年金番号通知書)、印鑑、扶養からはずれた日が確認できるもの
住所や氏名が変わったとき年金手帳(基礎年金番号通知書)
保険料を納めるのが困難なとき年金手帳(基礎年金番号通知書)、印鑑、源泉徴収票や所得課税証明(1月1日以降に転入の方、雇用保険受給資格者証など
保険料を納めるのが困難なとき
(学生)
(修学課程1年以上)上記のものに学生証など
任意加入するとき年金手帳(基礎年金番号通知書)、印鑑
国民年金手帳・証書をなくしたとき身分を証明できるもの、印鑑
国民年金を請求するとき
(老齢・障害・遺族)
年金手帳(基礎年金番号通知書)または年金証書、印鑑、本人名義の預金通帳、戸籍謄本
※障害・遺族は、状態によって更に添付書類が必要です。詳しくは問い合わせください。
未支給年金を請求するとき死亡した方の年金証書・戸籍(除籍)謄本・住民票除票、請求者の戸籍謄本・住民票・印鑑・預金通帳(郵便局以外)
受給者が死亡したとき死亡した方の年金証書、戸籍(除籍)謄本、届出人の印鑑