ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町民の皆様へ > 税金 > 軽自動車税 > 軽自動車税(種別割)について

軽自動車税(種別割)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

軽自動車税(種別割)

 軽自動車税(種別割)は毎年4月1日現在に軽自動車等を所有(使用)されている方に課税される税金です。所有(使用)されているかどうかは、すべて申告に基づいた登録状況により判断します。
 よって、4月2日以降に廃車や名義変更の手続きをされても、その年度分の軽自動車税は課税されることになります。

税率

 軽自動車の種別ごとの税率は以下のとおりです。

【原動機付自転車等の税率】
種別税率(年額)
原動機付自転車50cc以下2,000円
50cc超90cc以下2,000円
90cc超125cc以下2,400円
50cc以下(ミニカー)3,700円
軽自動車二輪のもの(125cc超250cc以下)3,600円
二輪二輪小型自動車(250cc超)6,000円
小型特殊自動車農耕作業用2,000円(新地町)
その他5,900円
ボート・トレーラー 等3,600円


【軽自動車の税率】

種別平成27年3月31日以前
に新車新規登録を受け
たもの(旧税率)
平成27年4月1日以降に
新車新規登録を受けた
もの(新税率)
新車新規登録から
13年を経過したもの
(重課税率)
三輪のもの3,100円3,900円4,600円
四輪のもの乗  用自家用7,200円10,800円12,900円
営業用5,500円6,900円8,200円
貨物用自家用4,000円5,000円6,000円
営業用3,000円3,800円4,500円

 ※グリーン化特例(エコカー減税)等については、下記リンク先をご覧ください。
   →地方税制度 平成28年度から軽自動車税の税率が変わります(総務省ホームページ)

 

減免について

 身体障害者手帳等の交付を受けている方が所有している軽自動車等で、一定の要件を満たす場合に軽自動車税(種別割)の減免を受けることができます。減免できるのは、普通車を含め1人1台です。申請期間は、軽自動車税納税通知書が届いてから納期限前日までです。
 なお、減免の申請手続きは毎年必要で、申請期間内に手続きをされないと減免されませんので、ご注意ください。

軽自動車(登録・譲渡・廃車等)の手続き

 役場で登録・譲渡・廃車手続きのできる車種は、原動機付自転車(125cc以下)及び小型特殊自動車(農耕用車両等)です。手続きに必要なもの、また、その他の車種の受付窓口等については、下記車種別手続き一覧表をご覧ください。

【車種別手続き一覧表】
車種申請先必要書類
新規登録・名義変更廃車
・原動機付自転車
 125cc以下
・小型特殊自動車
・農耕用車両等


・新地町役場 税務課
 連絡先:0244-62-2119

(1)譲渡証明書
(2)ナンバープレート(ナンバープレートを変更する場合)
(3)新所有者の印鑑

(1)ナンバープレート
(2)印鑑
※ナンバープレートを紛失・破損した場合は弁償金200円
・軽二輪車
(126cc超250cc以下)

・南相馬自家用自動車組合
 連絡先:0244-23-2850
・東北運輸局 福島運輸支局
  連絡先:050-5540-2015
(1)ナンバープレート(ナンバー変更無しの場合は不要)
(2)軽自動車届出済証
(3)新所有者の認印
(4)新所有者の住民票
(5)旧所有者の認印
(6)申請書類(窓口)
(7)手数料(+代理手数料)
(1)ナンバープレート
(2)所有者の認印
(3)軽自動車届出済証
(4)申請書類(窓口)
(5)手数料(+代理手数料)
・自動二輪車
(251cc以上)

・南相馬自家用自動車組合
 連絡先:0244-23-2850
・東北運輸局 福島運輸支局
 連絡先:050-5540-2015
(1)ナンバープレート(ナンバー変更無しの場合は不要)
(2)車検証(原本)
(3)新所有者の認印
(4)新所有者の住民票
(5)旧所有者の印鑑証明
(6)申請書類(窓口)
(7)手数料(+代理手数料)

(1)ナンバープレート
(2)車検証(原本)
(3)所有者の認印
(4)他申請書類(購入)
(5)手数料(+代理手数料)

・軽自動車(三輪・四輪)
・南相馬自家用自動車組合
 連絡先:0244-23-2850
・軽自動車検査協会 福島事務所
 連絡先:050-3816-1837
(1)ナンバープレート2枚(ナンバー変更無しの場合は不要)
(2)車検証(原本)
(3)新所有者の認印
(4)新所有者の住民票
(5)旧所有者の認印
(6)申請書類(窓口)
(7)手数料(+代理手数料)
(1)ナンバープレート2枚
(2)車検証(原本)
(3)所有者の認印
(4)申請書類(窓口)
(5)手数料(+代理手数料)

※詳しくはこちらをご覧ください。 → 軽自動車・自動車の各種手続申請先一覧

 

税止めの手続き(軽自動車と二輪の小型自動車)

 税止めとは、軽自動車または二輪の小型自動車をお持ちの方が、県外へ転出し、他県ナンバーを取得した場合に、ご自身で前住所地(課税地)の市町村に手続きをして、翌年度以降の軽自動車税の課税を止めることです。

 

○手続き方法

  • 税止めの手続きは自己申告が基本となっています。
  • 軽自動車については、全国の軽自動車協会で前住所地への申告手続きの代行(有償)を行っていますので、転入手続きの際に確認してください。
  • 自己申告の場合は、税務課窓口に直接申告いただくか、郵送・FAX・メールしてください。

 

○必要書類(次のいずれかの書類)

  • 新ナンバー及び旧ナンバーの車検証のコピー
  • 軽自動車税申告書の控え(コピー可)
  • 車検証返納証明書もしくは届出済証返納証明書のコピー

 

※注意※
税止めの手続きをしないと、転出元の市町村で車両の登録状況が把握できないので、軽自動車税が課税され続けてしまうことがあります。忘れずに手続きをしてください。

 

○税止め書類の送付先
〒979-2792
新地町役場 税務課(軽自動車税の税止め)
FAX:0244-62-3194
メールアドレス:
。 (あっとまーく=@に書き換えてください)

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)