ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 観光協会 > 【注意】登山道のスズメバチに注意しましょう

【注意】登山道のスズメバチに注意しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月11日更新

 現在、鹿狼山や周辺の山に、スズメバチが巣を作っています。スズメバチはハチの中でも毒性が強くて、攻撃性も高く、刺された時にアレルギー性ショック症状が発生する可能性があるなど、危険なハチです。さらに、9月から10月にかけては特に攻撃性・威嚇性が強く、ちょっとした刺激にも敏感に反応します。

 スズメバチは黒い物体に反応し、攻撃をしてくることがあります。また、化粧品(香水やヘアスプレーなど)の匂いにも敏感であり、黒い物と同じ反応を示します。

 鹿狼山へ向かう際には、長袖長ズボンを着用し、黒っぽい服を着るのは避け、また帽子もかぶりましょう。

 また、向かってきたスズメバチを振り払おうとすると反撃体制に入り、攻撃的になります。何もしない限り襲い掛かってくることはないので、飛び去るまでじっとしていることが大切です。