ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

釣師防災緑地に豊後梅植樹

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月9日更新

コープおおいた 豊後梅 植樹東日本大震災により被災した釣師地区に整備中の釣師防災緑地「想いの丘」で平成31年4月6日、豊後梅(ぶんごうめ)の植樹を行いました。

植樹した苗木は、大分県生活協同組合連合会から防災緑地の施設整備に役立てて欲しいと支援としていただいたものです。

大分県の県花・県木である「豊後梅」は、美味であること、果実の大きいこと、さらにその花は清楚かつ優美なことで有名です。

当日は、青木理事長をはじめ理事9名が来町し、新地町の復興祈念と、たくさんの人が集まる緑地公園になるように願いを込めて植樹しました。