ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > まちの話題 > グッドデザイン賞のマイタウンマーケット  喜びの報告

グッドデザイン賞のマイタウンマーケット  喜びの報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月1日更新

グッドデザイン賞のマイタウンマーケット  喜びの報告

2014年度グッドデザイン賞を受賞したマイタウンマーケット実行委員会のみなさんが2月1日、町役場を訪れ、加藤町長に受賞を報告しました。

「グッドデザイン賞」は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度で、社会を豊かにする「よいデザイン」を顕彰しています。

小川公園仮設住宅で2011年7月から行われてきたマイタウンマーケットは、これまでに11回開催されており、住民のみなさんや子どもたちが中心となってカフェやスーパー、コンサート、ブティック、プラネタリウムなど、さまざまな手作りのお店やイベントを催す「手作りの町」をつくり出してきました。

こうした住民が楽しく町づくりに参加する仕組みが高く評価され、今回の受賞となりました。

マイタウンマーケットの発案者である現代美術家の北澤潤さんや、仮設住宅に暮らす子どもたちら実行委員会のメンバーがこの日、加藤町長に喜びを報告。

加藤町長は「手作りの町で、仮設住宅のみなさんや新地町のみなさんを元気づけてくれた。すばらしい活動を続け、すばらしい賞を受賞されたみなさんを誇りに思います」と話しました。