ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ブックスタート(3ヶ月児検診)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

ブックスタート

1

新地町図書館では、3ヶ月児検診の際、ブックスタートを行っています。

「ブックスタート」とは、0歳から絵本のあるくらしと、楽しい子育てを応援する運動のこと。

赤ちゃんと保護者が、絵本を介してゆっくりふれあうひとときを持つきっかけをつくり、その大切さを感じてほしいという思いから、司書のお話と絵本の贈呈を行っています。

タイトル著者名内容

 <贈呈絵本> ※このうちの1冊

いないいないばあ

松谷みよ子発売から半世紀。赤ちゃんがはじめて出会う一冊として世代を越えて読み継がれている絵本。「いないいないばあ」と語りかけて楽しむことで、大人も赤ちゃんも笑顔になり、親子の信頼を深めるきっかけとなります。
くっついた三浦太郎「くっついた」のくり返しが楽しい赤ちゃん絵本。この絵本は作者の子育ての体験の中から生まれました。ページをめくることの楽しさに気づきはじめた赤ちゃんにぴったりで、読むと「くっついた」をしたくなります。
じゃあじゃあびりびりまついのりこ言葉自体の持つ響きやリズムを楽しむ耳を持っている赤ちゃんの興味を満たし、モノの名前と音と形とを結びつけてくれる音あそびの絵本。ボードブックで、赤ちゃんが自分で持つのに安全・安心の絵本です。

赤ちゃんといっしょに、すてきな『本のひととき』をお過ごしください!

 

また、図書館には「あかちゃん絵本コーナー」を設置しています。

0歳~2歳向けの絵本がたくさんありますので、本選びに迷った時などぜひご利用ください。