ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

白幡のいちょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月22日更新

白幡のいちょう(しらはたのいちょう)

伊達政宗が新地に攻めてきた際に持っていた、いちょうのムチを逆さにさしたものが根付いたという伝説から「さかさいちょう」

とも呼ばれています。

平成3年に町の天然記念物に、平成9年には県の天然記念物に指定になりました。

 

平成29年5月19日(金曜日)

白幡のいちょうの木は、新緑の綺麗な色合いになっていました♪

迫力のある大きないちょうからは、何か不思議なパワーを感じます(*^_^*)

いちょう いちょう いちょう いちょう

いちょう いちょう いちょう いちょう

【写真をクリックすると大きくなります】

✿ウェブブックはこちらをクリック✿

 

問い合わせ

  • 電話 0244-62-4477 (役場 教育総務課)
  • 所在地 新地町駒ヶ嶺字白薄
    地図を表示する