ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > まちの話題 > 右近清水と桜を守る会
まちの話題 一覧

右近清水と桜を守る会

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月6日更新

右近清水と桜を守る会

桜の植樹を30年

 NPO法人右近清水と桜を守る会では発足30周年を迎え記念式典が5月28日、賞状伝達町農村環境改善センターで行われました。
 同会は昭和63年の春にソメイヨシノの苗木40本の植樹を第一回に、30年間右近清水に桜の植樹活動を行ってきました。これまでに「みどりの大賞」の受賞もされています。また、現在では、20種約1,100本の桜が植えられており、新地町を代表する桜の名所として毎年数多くの観光客が訪れています。
 式では、これまでの活動に尽力された(故)菊地正人さん、(故)井上康夫さん、百井宗夫さんに感謝状が贈られ、鹿狼アルプホルン倶楽部のホルン演奏で30周年に華を添えました。